■  レーシックについて


最近、視力回復の方法として、レーシックに対する関心が急速に高まっています。事実、レーシック手術を受け、視力が回復した人は数多くいますし、有名人でもレーシックを受けた人は多いようです。メガネ、コンタクトがどうしても必要だった生活から解放され、視力が落ちる以前のクリアな視界を取戻すことができるというのは、確かに大きな魅力でしょう。

しかし、レーシック手術を考える前に、知っておかなければならないこともいくつかあります。まず、レーシックは、眼球の角膜の屈折異常を矯正することにより、視力を回復させる方法ですが、眼の組織構造自体を変えるものではありません。つまり、レーシックにより視力が回復したとしても、眼球自体の構造は変わっていないので、手術前の、近視や乱視、遠視などの眼の内部の状態はまだそのまま、ということなのです。

根本的に、近視になる前と同じ状態にまで視力を回復するものではない、ということは頭に入れておいた方が良いでしょう。また、近視の人は緑内障にかかりやすいと言われますが、レーシックの施術前、度の強い近視であった場合、こうした眼に関する病気を患う確率は、変わることはない、ということも知っておくべきです。

レーシック手術は、眼球の状態を全て健全にする、というものではない、ということは認識しておくべきでしょう。レーシック手術を受ける前に、カウンセリングで、レーシック手術で負うリスクも含め、充分に説明を受け、理解しておくべきです。また、レーシックに対する関心が高まっていることから、レーシックをうたい文句にしたクリニックが増えていますが、実績があり、信頼できる医師かどうか充分確かめる必要もあります。あるところで手術を受けた後、結膜炎などの目の異常を訴える人が急増した、というニュースは記憶に新しいところです。

                         >> 次ページ : 視力回復センターについて


<< 自宅でできる!視力回復トレーニングランキング 【実績多数】 >>

1位 14日間視力回復プログラム 【川村博士の視力回復法”ジニアスeye"】
あの任天堂DS「【目】で右脳を鍛える」で有名な「視力回復の第一人者」が「手術を一切しないで、簡単に視力を回復させる方法」を公開!2年以上の大ロングヒットノウハウ。30年間で97.8%の方が効果を感じている実績をお試しください。 >> 詳細を見る

2位 【1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法】
お子様の近視でお悩みの方に大人気!多くの子供の視力を0.8以上にアップさせてきた就寝前にするトレーニングとは?一流プロスポーツ選手も取り入れているこの方法は、さらに回復した視力を維持することが可能なのも嬉しい。     >> 詳細を見る

3位 【楽々!視力アップマニュアル】 -DVD・トレーニングキット付き-
プロトレーナーが全てを明かす!「90日間」子供の近視改善プログラム。トレーニングキット・DVDがついており、メールでのサポートや個別のアドバイスも充実しているのも人気の秘訣。まずは多くの喜びの声をご覧ください。         >> 詳細を見る