■  簡単に出来るトレーニング



視力の低下が起こったら、回復の方法を知るよりも、まず、それ以上視力を低下させないようにする必要があります。そのためには、効果的な眼のトレーニングの方法も知っておくと良いでしょう。

何時でも何処でも簡単に出来る眼のトレーニングとして、遠近ストレッチがあります。まず、自分の両目の間から20cm位正面に、自分の人差し指など、焦点が合わせやすいものを持って行きます。次に、3メートル以上離れた場所に、同じように眼の焦点を合わせやすい物を探し、先程のものと、交互に見て、焦点を合わせる事を繰り返します。

これは、眼のピントを調節する毛様体筋という、視力に非常に重要な筋肉を直接鍛えるトレーニングです。出来るだけ早く焦点を合わせ、視点をもう一方の対象物に移動するのがポイントです。ただ、しばらく続けると、目が乾いて痛くなるので、その一歩手前で止めるようにします。

眼球運動トレーニングもあります。基本的に眼球を上下左右に動かしたり回したりする運動で、眼の周りの筋肉の緊張をほぐし、眼球の疲労を取ることが出来ます。順番はありませんが、上下左右などに動かす場合には、眼をみはった状態で行うのがポイントです。眼を使う作業の前の準備運動としても有効です。

ピンホール・アイマスクの使用もあります。真っ黒の何も見えないサングラスに小さな穴を幾つも空けたようなもので、雑誌の広告などで見たことがあるかもしれません。近視の人がこれを付けると、メガネをしている時と同じように、見えるようになります。テレビゲームやパソコンの画面を見るときに利用すれば、はっきり画面が見え、明るさも軽減されるので、目が疲れにくくなるというメリットがあります。また、ピンホールアイマスクをかけている間、眼筋を使わずに物を見ることができるため、眼筋がリラックスできる、という効果もあります。

                         >> 次ページ : 習慣化が大事な視力回復


<< 自宅でできる!視力回復トレーニングランキング 【実績多数】 >>

1位 14日間視力回復プログラム 【川村博士の視力回復法”ジニアスeye"】
あの任天堂DS「【目】で右脳を鍛える」で有名な「視力回復の第一人者」が「手術を一切しないで、簡単に視力を回復させる方法」を公開!2年以上の大ロングヒットノウハウ。30年間で97.8%の方が効果を感じている実績をお試しください。 >> 詳細を見る

2位 【1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法】
お子様の近視でお悩みの方に大人気!多くの子供の視力を0.8以上にアップさせてきた就寝前にするトレーニングとは?一流プロスポーツ選手も取り入れているこの方法は、さらに回復した視力を維持することが可能なのも嬉しい。     >> 詳細を見る

3位 【楽々!視力アップマニュアル】 -DVD・トレーニングキット付き-
プロトレーナーが全てを明かす!「90日間」子供の近視改善プログラム。トレーニングキット・DVDがついており、メールでのサポートや個別のアドバイスも充実しているのも人気の秘訣。まずは多くの喜びの声をご覧ください。         >> 詳細を見る