■  習慣化が大事な視力回復


視力回復トレーニングを成功するコツは、やはり、習慣化してしまうことでしょう。つまり、日常の生活リズムの中に溶け込ませる、ということです。朝起きてから、化粧、洗顔、歯磨き、朝ごはんなどの習慣は自然に出来上がっている。ここに視力回復トレーニングを組み込んでみるのです。少しづつでも良いので、はじめは5分とかでも良いでしょう。

眼を温めることで血行を良くし、眼のコリを取り除く「温感回復法」。意識的にまばたきを行う、まばたき回復法もあります。こうしたものは、道具も要らず、どこでも簡単に出来るものです。便秘や下痢も、視力低下の原因になると言われています。便秘→血液のにごり→十分に酸素と栄養がめぐらない→各種器官のトラブル→視力悪化、という因果関係で、決してこじつけではありません。事実、内蔵系の疾患もしくは腸などの状態がすぐれない人には視力が悪い人が多いそうです。食事にも気をつけ、腸の健康を保つことです。

目は、定期的に休ませることも大事です。仕事中でも、30分に一度くらいは、遠くを見るようにすること。長時間のパソコン作業などで、目の充血、かゆみが起こったら、冷たい水でしぼったタオルなどをのせて冷やす。目やその周辺の筋肉をほぐして、目の疲れをやわらげる体操とマッサージを行う。緑色のものを見るようにする。しばらく目を閉じる。このように、目を使い続けないようにするのも目の健康によいことです。

これらは、視力回復トレーニングと言うよりも、ちょっとした心がけです。しかし、これ以上視力を悪化させないためにも、こうした心がけを持つことも大事となります。自分であまり意識せずに出来るよう、習慣化させれば、視力の回復にもつながるでしょう。

                           >> 次ページ : 機器を使った視力回復


<< 自宅でできる!視力回復トレーニングランキング 【実績多数】 >>

1位 14日間視力回復プログラム 【川村博士の視力回復法”ジニアスeye"】
あの任天堂DS「【目】で右脳を鍛える」で有名な「視力回復の第一人者」が「手術を一切しないで、簡単に視力を回復させる方法」を公開!2年以上の大ロングヒットノウハウ。30年間で97.8%の方が効果を感じている実績をお試しください。 >> 詳細を見る

2位 【1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法】
お子様の近視でお悩みの方に大人気!多くの子供の視力を0.8以上にアップさせてきた就寝前にするトレーニングとは?一流プロスポーツ選手も取り入れているこの方法は、さらに回復した視力を維持することが可能なのも嬉しい。     >> 詳細を見る

3位 【楽々!視力アップマニュアル】 -DVD・トレーニングキット付き-
プロトレーナーが全てを明かす!「90日間」子供の近視改善プログラム。トレーニングキット・DVDがついており、メールでのサポートや個別のアドバイスも充実しているのも人気の秘訣。まずは多くの喜びの声をご覧ください。         >> 詳細を見る