■  3D画像の使用について


最近、視力回復に効果があるものとして、3D画像を使ったトレーニングが話題になっています。3Dとは「立体」と言う意味で、平面に描かれた絵やイラストなのに、あたかも立体であるかのように見えるものです。そもそも近視の原因は、近いところで本屋テレビを長時間見すぎたために、目の焦点が近いところだけに固定されてしまい、ピント調整が難しくなってしまった状態です。

そこで3D画像を見ることで、ものを立体的に捉えるため、片方の目は近い方を、もう一方の目は遠い方を見るように調整するようになります。「平行法立体視」と呼ばれるもので、これを左右の目で交互に繰り返すことで、目のピントを変化させるようトレーニングするわけです。定期的に続けることで、視力回復は少しづつ回復していくと言われています。

こうした3D画像は、今は書店に行けばいろいろなものが本になって売られています。「マジカルアイ」や「ストレッチアイ」などのタイトルのものを探せばよいですし、3Dアートの画集などもあります。また、ネットでも見つけられます。さらに、3D画像による視力回復トレーニングのソフトも売られています。

さて、これが果たして本当に視力回復の効果があるのかは、多少個人差があるようですが、どちらかと言えば、視力回復と言うよりも、目の筋力を鍛えること。つまり、目のトレーニングの意味合いが強いようです。専門家によれば子供の仮性近視には多少効果があるかもしれないが、大人の真性の近視には意味が無い、という声が大半のようです。これも話題になっているソフト、DS眼力トレーニングも同じのようです。まあ、仕事、勉強の合間などに見ることで、目をリラックスさせると言う意味で、視力の低下を防ぐのには有効かも知れません。

                          >> 次ページ : トレーニングの予備知識


<< 自宅でできる!視力回復トレーニングランキング 【実績多数】 >>

1位 14日間視力回復プログラム 【川村博士の視力回復法”ジニアスeye"】
あの任天堂DS「【目】で右脳を鍛える」で有名な「視力回復の第一人者」が「手術を一切しないで、簡単に視力を回復させる方法」を公開!2年以上の大ロングヒットノウハウ。30年間で97.8%の方が効果を感じている実績をお試しください。 >> 詳細を見る

2位 【1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法】
お子様の近視でお悩みの方に大人気!多くの子供の視力を0.8以上にアップさせてきた就寝前にするトレーニングとは?一流プロスポーツ選手も取り入れているこの方法は、さらに回復した視力を維持することが可能なのも嬉しい。     >> 詳細を見る

3位 【楽々!視力アップマニュアル】 -DVD・トレーニングキット付き-
プロトレーナーが全てを明かす!「90日間」子供の近視改善プログラム。トレーニングキット・DVDがついており、メールでのサポートや個別のアドバイスも充実しているのも人気の秘訣。まずは多くの喜びの声をご覧ください。         >> 詳細を見る