■  赤ちゃんの視力について


視力は1.0が標準ですが、人間の視力は、何歳くらいから備わってくるものなのでしょう。我々は、生まれた時から既に1.0の視力がある、というわけではないのです。赤ちゃんは、ハイハイをしたり、立ったりなどの練習をすることで運動機能が発達していきますが、同じように、視力も「見る」という訓練を行うことで、少しずつ発達していき、視力が備わるようになるのです。

赤ちゃんの視力は生まれたばかりでは0.01くらい。 1歳で0.1前後になり、4〜5歳で大人と同じ1.0くらいになると言われています。赤ちゃんの視力は、色々な物を見て、脳の神経を刺激してやることで育っていきます。

一般的に乳幼児の視力は、

■生後1ケ月・・・目の前の手などが動くのがわかる程度。また、明るい暗いの区別ができますので、明るいほうへ目を向けることもあります。
■生後2ケ月・・・0.01
■生後3ケ月・・・0.04〜0.08
また、6ヶ月ころから追視がはじまります。
■生後8ケ月・・・0.1 
■1歳・・・0.2〜0.25
■2歳・・・0.5〜0.6
■3歳・・・0.8
■7歳・・・1.0

このように言われていますが、最近は、乳児の場合もう少し見えているのでは、ともいわれています。いずれにしろ、赤ちゃんも、最初から目がよく見えているというわけではありません。訓練することで見えるようになっているのです。

つまり、視力が低下した目も、赤ちゃんの時のように訓練すれば回復が可能、ということになります。ある程度年が行ってからでも、決して遅くはありません。もう一度目についてよく勉強し、視力回復トレーニングに取り組んでみることでしょう。

                                     >> TOPページへ戻る


<< 自宅でできる!視力回復トレーニングランキング 【実績多数】 >>

1位 14日間視力回復プログラム 【川村博士の視力回復法”ジニアスeye"】
あの任天堂DS「【目】で右脳を鍛える」で有名な「視力回復の第一人者」が「手術を一切しないで、簡単に視力を回復させる方法」を公開!2年以上の大ロングヒットノウハウ。30年間で97.8%の方が効果を感じている実績をお試しください。 >> 詳細を見る

2位 【1日たったの13分でみるみるよくなる視力アップ法】
お子様の近視でお悩みの方に大人気!多くの子供の視力を0.8以上にアップさせてきた就寝前にするトレーニングとは?一流プロスポーツ選手も取り入れているこの方法は、さらに回復した視力を維持することが可能なのも嬉しい。     >> 詳細を見る

3位 【楽々!視力アップマニュアル】 -DVD・トレーニングキット付き-
プロトレーナーが全てを明かす!「90日間」子供の近視改善プログラム。トレーニングキット・DVDがついており、メールでのサポートや個別のアドバイスも充実しているのも人気の秘訣。まずは多くの喜びの声をご覧ください。         >> 詳細を見る